帰ってきました!

『踊るあほぅに見るあほぅ。同じあほなら踊らにゃそんそん!』

という言葉がありますが。

徳島の阿波踊りはすごかった。

本場はすごい。

 

たくさんのさまざまな「連(れん)」と呼ばれる踊りのグループがあるのですが

昔からの伝統を重んじる連もあれば、新しい斬新な形で魅せて踊る連もあり。

徳島以外の県から参加してくる連や大学連もあったりして本当にさまざまでした。

 

地元の方の話によると、一時期は「見せる!」ということに重きをおいて

お客さんと一緒に踊ることなどないこともあったそうですが

今年はどこも、自分たちの踊りの後は、観客を巻き込んでドンチャン踊る、

そんな形でいらっしゃいました。

 

そのため私もゲンさんも、存分に目で楽しんだ後は踊りに参加し

みんなで輪になってぐ~るぐ~る。

参加型の素晴らしさを、改めて肌で感じて帰って参りました。

 

たくさんある「連」の中では、一年かけて涙しながら特訓を重ねる所もあるのだとか。

私とゲンさんは、踊り手の足元にサポーターがないかチェックも欠かさないのでした^^

 

いや、しかし、本当に、徳島はすごかった。

恐るべし。阿波踊り…。