2011年

1月

08日

テクノミュージシャンKarku(カーク)さん^^

テクノミュージシャンであるKarku(カーク)さん^^

生粋の日本人ですが、とーーーっても素敵な音楽を作る方です。

http://www.youtube.com/watch?v=afa7z5HyRLM&feature=related

(KarkuさんオフィシャルHP)

 

私とは、Planetia(プラネティア)というユニットを組んで下さっていて、

一緒に演奏活動したり、アルバムを作ったりして関わらせて頂いています。

http://planetia.hariko.com/

(PlanetiaオフィシャルHP)

 

作ったアルバムの曲は、ちょこちょこ演奏させて頂いていますが、

5歳の女の子もその中の曲が大好きみたいで繰り返し聴いてくれているとのこと。。

 

Karkuさんが作る曲はものすごく幅が広くて奥行きもあって、

きちんと計算されているような感じなのですが、

5歳の子の感覚にも触れてしまう。。。というのが

これまたすごいところであります^^。

http://www.discas.net/netdvd/albumInfoView.do?pT=0&mdlGoodsId=al0000196070

(TUTAYAで音楽配信されている『はじまりの音』視聴 & 購入ページ)

 

Karkuさんは、クラシックピアノから始まり、

いつしかテクノに魅せられてテクノミュージシャンになられました。

自主映画制作で楽曲を提供されたりもしています。

 

クラシックを基本とされているからでしょうか。

テクノ、と一言にいっても、想像を超えた、とてもとても美しい音楽なのです。

内に秘めた無限の可能性、そして人柄が音楽に染み出してしまうのでしょうね。

 

Karkuさんは、演奏活動、楽曲提供に始まり、アレンジや打ち込み、

そしてレコーディングやミキシング、マスタリング、

プレス、ジャケットデザインなど、

CD制作の流れもすべてこなしてしまう人なのです。

 

fufuのCDも、今、Karkuさんにお願いしているのです^^

昨日はその打ち合わせと、それからこれからの活動について

たくさんたくさんお話をしました。

とても楽しくて、ワクワクする時間でした!

 

お互いに手の引っ張りあいをしていくために、そして、

これから先、さらにお互いに楽しくうれしく音楽活動をしていくために。。

いろんな可能性を感じる幕開けの時間でした。

 

Karkuさんが帰られるときには、お見送りの時にちょっとしたハプニングがあり(笑)

暗闇の中、私は慣れた場所なので

足元を気にしているKarkuさんをむしろ気にかけながらいましたら、

車でバックして右折するときに思いっきり暗がりで段差に躓きまして、

危うくKarkuさんの車に自ら巻き込まれそうになるという。。(苦笑)

 

「おーら~い。おーら~い。」と、えらそうにジェスチャーで誘導して

(私って気が利くわぁ・・・)と自画自賛している場合ではありませんでした(笑)

 

あまりの痛さと、あまりの可笑しさに笑いが止まらなくて、

声なき声を上げながらのお別れになったのでありました。チャンチャン♪笑

 

足はまったく問題ありません。大丈夫です。

あ~~。楽しい夜だった!!