【地震】みなさまご無事でしょうか?

本日、大きな大きな地震が起こりました。

今も余震が続いています。

 

私は家にいて、揺れの大きさに驚き、

取り急ぎ玄関を開け逃げ道を確保しました。

 

それから何件かメールが届きやり取りした後、

家族の安否の確認を電話がつながらないのでメールでしました。

 

ずっと余震が続くのと、(もしかしたら…)の予感で

取り急ぎ部屋着から外出できる服装に着替え、

バックをからいました。

 

玄関から顔を出すと、隣の家のおばさんがいて、

少しの会話を交わしただけでずいぶんと気持ちが落ち着きました。

コミュニケーションが本当に大切であること、実感しました。

おばさん、喧嘩したこともあるけどごめんなさい。

あなたのおかげで救われました。

ありがとうございます。。

 

ゲンさんは昼ごろ、仕事のために西国分寺に出かけ、

夕方「これから帰る」と連絡がきました。

その頃ちょうど、電車が全面的に止まっていて

今日中の運行はないという発表があったので

ゲンさんにそのことメールしたら、

「駅でゆっくり待ってみて、もしだめだったら

今日レッスンされた方のお宅に泊めてもらえるから」とのこと。

 

泊まる場所があるならよかった。。と安堵して、友人にメールを送り、

何度かゲンさんからメールをもらったり送ったりしていたのですが

途中で届かなくなり。

 

(大丈夫だろう)とは思っていても、

もしかしたら私を安心させるために「泊まれる」といったのではないか、とか

お金も最低限しかもっていないため、本当に大丈夫なのか、とか、

いろいろ心配になりました。

 

先ほど知らない番号からPHSに電話がきて、それはゲンさんで、

「今日、レッスンしていた方のご家族から自転車を借りて今から帰る」と。

2時間半くらいで帰れるとの連絡あり。

それはそれでまた心配なのですが、それでも電話がつながったことだったり

安心感だったり。。。言葉にはとてもできませんが

気持ちや言葉よりも先に涙があふれました。

 

嬉し泣きでもなく、悲し泣きでもなく、ただただ、涙でありました。

 

埼玉の我が家はちょっとしたものしか落ちたりしませんでしたので

前に一度落として割れてしまった写真立てがまた割れたり、

小さな植物さんが少し傾いて水が滴ったり。。それくらいですみました。

 

それくらいですんだのにこれだけ怖いのだから、

仙台や岩手の方々や、大きな被害がある方々はどれほどおつらいかと思います。

寒い夜になっています。

本当に、心から、無事をお祈りします。

 

こんな言葉しかありませんが、どうか被災地の方、がんばってください。

心から、おひとりおひとりの無事と心の平安を祈ります。