2011/7/24 古市佳央さん「ソウルストーリードラマ」

この日はオープンハートの会・会長の古市佳央さんのステージ。

「ソウルストーリードラマ『這い上がり』」でした^^

http://www.openheart.tv/(オープンハートの会HP)

 

会場は草加にある大好きなカフェ「FADE IN CAFE」さん。

http://www.fadeincafe.jp/index.html(FADE IN CAFEさんHP)

 

14時開演で、満席のお客様の中、始まってすぐから25分ほどのお時間を頂き

ゲンさんとfufuミニライブをさせて頂きました。

私たち(というか…、私?)と初めてお会いする方がほとんどで 

そんな中演奏させて頂ける幸せ。。。

 

そして私たちがお呼びしたお客様は逆に古市さんに初めてお会いするという方や、

講演は聞いたことがあるけれどこういった形でのステージは初めて、という方ばかり。

私たちがお呼びした。。といってもほとんど古市さんのお客様です^^;はい。

 

しかし思いがけず、たまたま前日に川崎から迷いながら草加に来ていた

高校1年生の私の甥っ子が父の誘いに乗ってくれたようで、

ちょうど古市さんが事故に会われたのが高校2年の頃。

この甥っ子にもものすごくなにか心に響くのではないかと思ったりして。

そして、彼の心に実際ものすごく何か響いたようです。

 

今ちょうど、先月亡くなった祖母の納骨式で母が一人福岡に帰っていて、

父も家で孤立しがちなので、こうして出かける用事があることや、

その用事に甥っ子がついてきてくれることなど、すごく嬉しいのだと思います。

甥っ子と行くと告げる父の電話越しの声がものすごくそれを表していました(笑)

 

人は一人じゃないとわかっていても、

孤立してしまう現状があれば寂しいという思いにどんどんとらわれてしまう。

そして、認められない、分かり合えない、伝わらないという現状があれば、

やっぱり、寂しいと感じてしまうだろう。

 

古市さんの歩まれた道をつづる「ソウルストーリードラマ」は

1時間ほどの時間にギュッと詰まった、古市さんの体験・そして経験、

そこに現れる葛藤や苦しみや絶望と、

そこから這い上がるきっかけになる出会い、そして宝物の言葉たち。

 

古市さんだからこそ、経験し、感じてきた人だからこそ伝わること。

古市さんのこのドラマと、ゲンさんの奏でるピアノが一つになって、

本当に素晴らしい時間と空間でありました。

なんどもウルッ!!ときて、涙しました。

会場の方々も、です。

 

甥っ子の後姿は、しっかり食い入るように舞台を見つめている姿でした。

引き込まれた背中から、「感受性」が刺激されているのが見えました。

たくさん、たくさん、吸収しておくれ。

たくさんの人と交わり、感じ、知り、受け取っておくれ。

 

この若い命に、大切なメッセージを送ってくれた古市さん、

本当に本当に、ありがとうございます。

また、若い命にだけでなく、時を重ねた命にも深く届いたメッセージ。

大切なことを思い出させて下さって、本当にありがとうございました。

 

こうして歌う場と、素晴らしいきっかけを下さった古市さんに、改めて感謝。。

さらにいうと、2009年の10月、三郷で行われた古市さんのイベントで

私とゲンさんは出会ったわけです。

キューピットな古市さんでもあったりして(笑)、

本当にありがとうございます^^

 

古市さんのこのステージは、今回初めて、ピアノと語りという形で行われました。

いつもは、素敵な歌い手・AKIRAさんの歌も入って、

さらにパワフルなステージなのであります。

8/6に東大宮でそのステージがありますよ^^

必見!!

 

最後に、古市さん、FADE IN CAFEの皆様、

このイベントのスタッフをされていたToshiさんと

佐藤さん、かんこちゃん、なおちゃん、(←この3人様はトリプル佐藤さんです)

いらして下さった皆様、気にかけて下さった皆様、そしてゲンさん。

本当に本当に、ありがとうございました!!

 

♪ 古市さんがご自身のブログで当日の様子を書いて下さっています。

  私たち、fufuのことも、写真付きでたくさん書いて下さってます(涙)

  ここに載せている写真も、古市さんブログから拝借してます^^

  こちらも必見!!!

  http://ameblo.jp/f440440/ (古市さんアメブロ)